東京駅は1日に平均40万人が利用する巨大なターミナル駅です。

東京直下型地震がいつきてもおかしくないと言われている今、もしこの駅周辺にいた場合にはまずどこに避難したらよいのでしょうか。

東京駅周辺は都内でも大きな公園が多く存在する、避難場所としては比較的恵まれている地域だといえます。

千代田区が定めている帰宅困難者支援場所としては、北の丸公園、皇居東御苑、皇居外苑、日比谷公園の4ヶ所となっています。

家に帰れなくなりどこへ行ってよいのか迷った場合は、とりあえずそれらの場所まで行って避難してください。

また東京駅に隣接する千代田区に職場などがあり、災害時に屋内にいた場合は、むやみに外に出ないことをおすすめします。

千代田区は地区内残留地区といって、地域の不燃化が進められていて建物の延焼の恐れがなく、避難の必要のない地区だとされています。

建物が崩れてきたり、火災に巻き込まれるといけないので、社内などにいて特別危険を感じない限りはそのままそこに留まっていたほうがよいでしょう。


Website Designed & Developed By: Sommet Solutions Pvt. Ltd.